コンテンツ本文へスキップ
スマートフォンサイトはこちら

業務内容

コンテンツタイトル下地

配筋調査

鉄筋コンクリート構造物などで図面通りに配筋されているかの確認や、コア穿孔工事やアンカーなどの施工時に鉄筋の切断を防ぐために行います。

また、かぶり厚さを確保できているか確認します。

配筋調査
配筋調査

一般的に配筋調査でもっとも使用されているのが電磁波レーダー法であり、比較的手軽に配筋調査が可能です。

当社では「コンクリート構造物の配筋探査技術者資格認証者」による調査を行います。

また、国土交通省「電磁誘導法及び電磁レーダ法によるコンクリート構造物中の配筋状態及びかぶり測定」にも対応します。

配筋調査
配筋調査

正確なかぶり厚さ・鉄筋径をどうしても知りたい場合には、鉄筋をはつり出します。

はつり出すことで正確なかぶり厚さ・鉄筋径、鉄筋間隔がわかると同時に鉄筋の腐食状況やコンクリート中性化深さも測定出来ます。

業務カテゴリ: 調査・診断構造体
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る