コンテンツ本文へスキップ
スマートフォンサイトはこちら

JNLA登録

コンテンツタイトル下地

JNLA登録試験内容

平成23年5月31日登録 : 令和元年9月4日更新

試験の対象試験の方法試験の範囲
コンクリートのスランプ試験JIS A 1101JIS A 5308の9.3
フレッシュコンクリートのスランプフロー試験JIS A 1150JIS A 5308の9.4
フレッシュコンクリートの空気量の試験JIS A 1128JIS A 5308の9.5
フレッシュコンクリート空気量の試験JIS A 1118JIS A 5308の9.5
コンクリートの曲げ強度試験JIS A 1106JIS A 5308の9.2.1,9.2.2
及びJIS A 1132
コンクリートの圧縮強度試験JIS A 1108
骨材のふるい分け試験JIS A 1102JIS A 5308の7.2,附属書A.10.a
細骨材の密度及び吸水率試験JIS A 1109JIS A 5308の7.2,附属書A.10.e
粗骨材の密度及び吸水率試験JIS A 1110JIS A 5308の7.2,附属書A.10.f
骨材の微粒分量試験JIS A 1103JIS A 5308,附属書AのA.10.b)
JIS A 5005 6.7
骨材の単位容積質量及び
実績率試験
JIS A 1104JIS A 5308,附属書AのA.10.c)
細骨材中の有機不純物試験JIS A 1105JIS A 5308,附属書AのA.10.d)
ロサンゼルス試験機による粗骨材の
すりへり試験
JIS A 1121JIS A 5308,附属書AのA.10.g)
JIS A 5005 6.4
硫酸ナトリウムによる骨材の
安定性試験
JIS A 1122JIS A 5308,附属書AのA.10.h)
JIS A 5005 6.3
骨材中に含まれる粘土塊の
試験
JIS A 1137JIS A 5308,附属書AのA.10.l)
骨材のアルカリシリカ反応性試験
(化学法)
JIS A 1145JIS A 5308,附属書AのA.10.p)
JIS A 5005 6.8
骨材のアルカリシリカ反応性試験
(モルタルバー法)
JIS A 1146JIS A 5308,附属書AのA.10.q)
JIS A 5005 6.8

モルタル及びコンクリートの長さ変化
試験
– 第2部 コンタクトゲージ法 –

JIS A 1129-2JIS A 6204 6.1.7.f)を引用
セメント凝結時間の差の試験JIS R 5201 8.
及び 11.
JIS A 5308 附属書CのC.8.1.7
及び C.8.2.4
懸濁物質の量の試験JIS A 5308
附属書Cの
C.8.1.4
JIS A 5308 附属書CのC.8.1.4
溶解性蒸発残留物の量の試験JIS A 5308
附属書Cの
C.8.1.5
JIS A 5308 附属書CのC.8.1.5
スラッジ水の濃度の試験JIS A 5308
附属書Cの
C.8.2.6
JIS A 5308 附属書CのC.8.2.6
塩化物イオン(Cl-)量の試験JIS K 0113 5.JIS A 1144 4.c)
JIS A 5308 附属書CのC.8.1.6
及び C.8.2.3
構造用軽量コンクリート骨材の塩化物量試験JIS A 5002 5.5JIS A 5308 附属書AのA.10.r)
細骨材の塩化物量試験JIS K 0113 5.JIS A 1144 4.C) JIS A 5308付属書CのC.8.1.6及びC.8.2.3

JNLA 登録証

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る