コンテンツ本文へスキップ
スマートフォンサイトはこちら

業務内容

コンテンツタイトル下地

膨張コンクリートの拘束膨張試験(軽量型枠SGモールド)

JCI-S-009-2012「SGモールド法」に基づいた試験方法です。JISに記述されている拘束膨張試験(A法、B法)とは異なり、データロガーを使用して供試体のひずみと温度の計測をおこない、計測データから試験結果をグラフ型式で作成することができます。

膨張コンクリートの拘束膨張試験(軽量型枠SGモールド)

業務カテゴリ: 試験・検査コンクリート試験
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る