コンテンツ本文へスキップ
スマートフォンサイトはこちら

業務内容

コンテンツタイトル下地

硬化コンクリートの容積変化試験(拘束膨張試験B法)

拘束棒と拘束端板を一体とした拘束器具にコンクリートを打設して、拘束状態における膨張や収縮量を測定します。拘束膨張試験B法では、A法と異なる拘束器具を使用します。

拘束端板に突起がついており、膨張率の計測に継続して乾燥収縮率の計測が可能となります。

硬化コンクリートの容積変化試験(拘束膨張試験B法)

業務カテゴリ: 試験・検査コンクリート試験
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る