コンテンツ本文へスキップ
スマートフォンサイトはこちら

業務内容

コンテンツタイトル下地

硬化コンクリートの容積変化試験(拘束膨張試験A法)

拘束膨張試験法では、膨張材の効果を評価する試験方法でありJIS A 6202「コンクリート用膨張材」に規定されている試験となります。

拘束器具をセットした型枠にコンクリートを採取し、ダイヤルゲージを附属した足長器にて、膨張コンクリートの膨張特性を計測します。

硬化コンクリートの容積変化試験(拘束膨張試験A法)

業務カテゴリ: 試験・検査コンクリート試験
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る