コンテンツ本文へスキップ
スマートフォンサイトはこちら

業務内容

コンテンツタイトル下地

構造物外観調査

高度成長期に生み出された多くの構造物や設備は老朽化が進んでおり、構造物の現況を正確に把握することが求められています。

非破壊・微破壊・コア採取・はつり等により、コンクリートの品質や劣化の程度や鉄筋の配筋状況を詳細に調査します。また、調査は専門技術者が行います。

構造物外観調査

業務カテゴリ: 調査・診断構造体
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る