コンテンツ本文へスキップ
スマートフォンサイトはこちら

業務内容

コンテンツタイトル下地

単位水量推定試験

単位水量推定試験
  • ZKT – 210 : フレッシュコンクリートの単位水量の迅速推定試験

高周波加熱乾燥法

コンクリートからふるい分けたモルタル分を電子レンジで加熱乾燥させ、質量の減少量とコンクリートの単位水量の相関性が高いことを利用し、コンクリートの単位水量を測定する方法です。

単位水量推定試験
  • フレッシュコンクリートの単位水量試験(土木研究所法)

単位水量が増加するとコンクリートの単位容積質量が小さくなる。

この性質を利用し、単位容積質量の違いから単位水量を推定する方法です。

単位水量推定試験
  • フレッシュコンクリートの単位水量試験(静電容量法)

物質の誘電率が水分量によって変化することを応用。

モルタル中の静電容量と水分率の関係式をあらかじめ求めておき、機械でモルタル中の静電容量を測定することにより単位水量を推定する方法です。

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る