コンテンツ本文へスキップ
スマートフォンサイトはこちら

業務内容

コンテンツタイトル下地

コンクリートの静弾性係数試験

コンクリートでの静弾性係数は、圧縮強度及び気乾単位容積質量と密な関係があり、構造物の部材剛性を算出し可視化します。日本建築学会では、施工者は工事前に試し練りを行い静弾性係数を求め、圧縮強度、単位容積質量から算定される値の80%以上である事を確認することが求められています。

コンクリートの静弾性係数試験

業務カテゴリ: 試験・検査コンクリート試験
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る